あけましておめでとうございます。まごころ鍼灸整骨院 京王堀之内院です。

今年も地域の皆様に愛される院を目指して参りますので、よろしくお願い致します。

 

コロナウィルスも新しい変異株も出てきました、まだまだ油断はできないですね。

そんな時は自宅で出来る筋トレ、「スクワット」はいかがでしょうか?

スクワットのイラスト(女性)

スクワットは筋トレの王様

筋力トレーニングには「BIG3」と呼ばれる3つの種目があります。

ベンチプレス、デッドリフト、そしてスクワットです。

他の2種目に関しては割愛しますが、スクワットは、大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋など下半身の筋肉全体と腹直筋、外腹斜筋を使います。

「BIG3」の共通点は、大きい筋肉を鍛えるということです。

中でもスクワットで使う太ももの筋肉は特に大きく、一番カロリーを消費します。

なので、効率よく筋肉量を増やすことができる筋トレ方法なのです。

スクワットの正しいやり方

基本のスクワットのやり方は次の通りです。

ポイントは「息を止めないこと」。ゆっくりとした動作で、息を吸いながら腰を落とし、吐きながら立ち上がりましょう。

① 足を肩幅より少し広めに開きます。足の爪先は少し外側に向けます。
② 股関節を曲げ、お尻を真下に落とすイメージで膝を曲げます。お尻を後ろに突き出し、膝が爪先より前に出ないように椅子に座るイメージです。顔を上げ、胸を張り、背筋を伸ばしましょう。
③ 太ももと床が平行になるまで腰を落とします
④ 膝を軽く曲げたところまで立ち上がります。

スクワットする際に重要なのは、「立ち上がる」ではなく「地面を押す」というイメージです。

間違ったフォームで行うと、膝や腰に大きな負担が掛かりますので正しいやり方で行いましょう!

肩甲骨を内側に寄せて胸を張るだけで背中をまっすぐにすることができ、スクワットの効果を高めることができます。

猫背改善にも繋がりますので、頑張ってスクワットをしていきましょう!

 

猫背姿勢や骨盤の歪みが気になる方はお気軽に当院にご相談ください!

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、TwitterInstagramもやってます!

最新情報などツイートや投稿をしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード         

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方、お久しぶりの方は

①お名前

②症状

③希望日(時間帯)を書いて送って下さい。

営業時間は(10:00~13:30、15:00~20:00)となります。

現在通院されている方で、LINEで初めて連絡する方もお名前を書いて頂けると助かります。

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F

℡:042-689-4649

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事