みなさん、こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院ですヾ(≧▽≦)ノ

今日は「冷え」に効くツボについてお話していきます!
東洋医学では冷えは病気のサイン、と考えられています。病気ではないけれど身体の不調を感じる病気の前段階を《未病》ととらえ、冷えは《未病》の最もたるものとされています。冷えの原因は体質や気候によっても様々。

〇あなたの冷えは何タイプ?
ここでは東洋医学の視点に立って、3つの冷えタイプを挙げます。一番多く当てはまるのが、あなたの冷えの原因である可能性が高いです。また各タイプにあったツボもご紹介いたしますので、ぜひ、チェックしてみてください!

① 気虚タイプ
□手足がだるい □疲れやすい □元気が出ない □食欲がない □貧血ぎみ □声が小さい □顔色がわるい □胃下垂 □やせ型
※気とは簡単に言うと生命エネルギーのこと。このエネルギーが不足している気虚タイプの方はすぐに風邪を引いたり、年齢よりも老けて見えたり、青白く痩せていて、見るからにパワー不足な印象を与えやすいです。
オススメのツボ!
足三里(胃腸の消化活動を助け、下痢や嘔吐にも効果的。お腹が冷えやすい方はとくに意識して欲しいツボです)
場所:膝のお皿の下の外側にあるくぼみに人指し指を置き、指幅をそろえて小指があたっているところです。

② 気滞タイプ
□頭が重い □喉に何か詰まった感じがする □胸が苦しい □めまいがする □息がよく吸い込めない □おなはが張りやすい □落ち込むことがある □なんとなく不安な感じ □肩や腰が張りやすい
※もんもんとした気が滞り、気の巡りが悪くなっている状態。主に自律神経の緊張しコントロールが出来なくなっている。
オススメのツボ!
太衝(精神不安、イライラ、ストレス、月経不調に効果的)
場所:足の甲。親指と人指し指の間を足首側に向かって撫で上げたときに止まるところ。
③ 水毒タイプ
□むくみやすい □頭痛もち □下痢しやすい □めまいがある □トイレが近い、あるいは遠い □天気が悪いと身体の調子が悪い □汗っかき、あるいは汗をあまりかかない
※水とは体液のことで涙や鼻水も含まれます。身体の水はけが悪く、むくみやすい状態。寒い日や気圧の低い日、湿度の高い日などは、滞った体液でさらに冷え、不調が出やすくなる。
オススメのツボ!
水分(足や身体のむくみ、下痢、頭痛など)
場所:おへそから指一本分上。

今日紹介したツボにはお灸が効果的!
具体的な刺激の仕方が知りたい方は、いつでも当院のスタッフにご質問ください(*^-^*)

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
(URLをコピーして検索してください)
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/
↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事