まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です😊

寒い冬はつい長風呂になってしまいませんか?11月~2月はヒートショックで倒れる人が増える時期です。元気な若者でも倒れる可能性はあるので気を付けましょう。

今回はヒートショックについてご紹介していきます。

 

ヒートショックとは

急激な温度変化で体がダメージを受けることを指します。

大きな気温の変化で血圧が急激に上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックと言います。冬場の浴室におけるヒートショックが代表的です。そしてヒートショックは入浴中に亡くなる原因で最も多く、交通事故で無くなる方を上回るそうです。特に65歳以上の高齢者は要注意です。

宅内でヒートショックが発生しやすいのは浴室とトイレと言われています。伝統的な日本家屋だと浴室とトイレは北側に設置され暖房設備が設置されてないことが多いため、室温が低い状態になりやすいからです。

 

なぜ起こるのか

冬の寒い時期は暖房の効いた部屋にいることが多く、お風呂場との気温の差が大きくなり寒冷刺激によって血圧が急上昇します。そこからさらに熱い湯につかることで血管が拡張し、今度は血圧が急降下します。また浴室温度と湯船の温度の差も冬場は広がり血圧が上下に変動することで、様々な症状を引き起こし事故に繋がっているようです。10度以上の温度差があるところの移動は注意が必要です。

 

症状と対処

軽度

・めまい、立ちくらみ

→症状が治るまで安静に

 

重度

・呼吸困難、胸の痛み、頭痛、嘔吐、意識消失、呂律が回らない、立ち上がれない

→救急車を呼ぶ

→湯水の中に鼻と口が浸らないように浴槽の水を抜く

→嘔吐している場合は嘔吐物を取り除く

→浴槽からゆっくり体を引き上げて横にする

 

ヒートショックになりやすい人の特徴

・65歳以上の高齢者

・高血圧、糖尿病、動脈硬化がある

・肥満、睡眠時無呼吸症候群、不整脈がある

・冬場は浴室や脱衣所、トイレが寒い

・食事や飲酒後に入浴する習慣がある

・長湯、熱い温度、一番風呂を好む

 

予防策

・入浴前に脱衣所や浴室を温める

・お風呂の温度は41度以下

・湯船に浸かる時間は10分以内

・かけ湯をする

・心臓病や高血圧の人には半身浴がおすすめ。ただし長湯は禁物

 

☎0426734649

八王子市館町2300-1 フードワンゆりのき台

友だち追加

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は

①ご予約希望日 ②希望日(時間帯) ③希望メニュー

④日中ご連絡が取れる電話番号 ⑤お名前

を書いて送って下さい。

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事