皆さんこんにちは!

まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院は今日も元気に営業中です(^^)/

 

最近“オンライン飲み会”というものが流行っていますね😊

若者は大学も休みでかなり飲んでいる方が多いのではないでしょうか?

なので、今日は乗り物酔い・二日酔いに効くツボをご紹介いたします!

 

まず、二日酔いの原因はアルコールが分解される途中で発生する、アセトアルデヒドという物質です。

お酒を飲みすぎたときや、体調がすぐれないのに飲んだとき、アセトアルデヒドの分解がスムーズに行われず、翌日になっても体内に残り、二日酔いになります。

 

ツボにはアセトアルデヒドの排泄を促したり、吐き気をしずめたりするものがあります。

飲んだ翌日や、つらい症状のある時に刺激してみましょう٩( ‘’ω’’ )و

 

 

①期門(きもん)

位置:みぞおちから、肋骨のふちをなぞりながら斜めに下ると、くぼみで指が止まるところ

効能:胃のむかつき・肋間神経痛・しゃっくり・二日酔い

 

②足三里(あしさんり)

位置:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4(人差し指~小指)下がったところ

効能:胃腸の不調を整える(胃炎、胃痙攣、胃弱、吐き気、下痢、便秘、食欲不振)・二日酔い・体のだるさ・喘息・咳嗽・急性乳腺炎・脚、ひざ、腰の不調・更年期障害・精神不安

 

③内関(ないかん)

位置:手のひらを上にして、手首の曲がりジワから指幅3本(人差し指~薬指)上がったところ

効能:胃の不快感・吐き気・むめやけ・胃部膨満感・胃痛・動悸・乗り物酔い

 

④天柱(てんちゅう)

位置:首の後ろを通っている2本の太い筋の外側にあるくぼみのところ

効能:自律神経の乱れ・頭痛・肝臓の働きを活発にする・血圧安定・肩こり・二日酔い

 

⑤肝兪(かんゆ)

位置:大椎から背骨を9コ下がり、そこから左右外側に指幅2本ずれたところ

効能:肝臓の疲れをとる・疲労回復・かすみ目・視力減退・不眠症・神経衰弱・二日酔い

 

⑥合谷(ごうこく)

位置:手の甲を上にして、親指と人差し指の付け根のあいだ

効能:いろいろな症状に効くため「万能のツボ」と言われています。肩や首のコリ・眼精疲労・頭痛・頭重感・倦怠感・慢性疲労・不眠・歯の痛み・鼻づまり・花粉症・便秘・下痢・ストレス・神経過敏・集中力がない・うつ・イライラ・乗り物酔いなど

 

⑦豊隆(ほうりゅう)

位置:膝下外側のくぼみと、外くるぶしとの中心を結んだ線上の中間点

効能:胃痛・胃もたれ・消化器症状・痰・頭痛・めまい・乗り物酔い

 

⑧築賓(ちくひん)

位置:内くるぶしから指幅4本(親指以外)+3本(人差し指~薬指)の計7本分上がったところ

効能:足の冷え・むくみ・乗り物酔い・だるさ・不眠

 

ツボを押すのも十分効果はありますが、お灸を使うと更に効果的です☆

院内はベッドの消毒、換気などの感染対策をしっかり行っておりますので、辛くてどうしようもないというときは安心してご来院ください!

↓LINEでもお問い合わせいただけます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事