こんにちは!ゆりのき台院です。

全国的に新型コロナウイルスの新規感染者がまた増えてきましたね。

最近患者様からは2種類の意見をよく聞くようになって、

1つは「また感染者が多くなってきて怖い、家から出たくない」というものと、

もう一つは「もうここまで来たら罹ったら仕方ないと思っている」という意見です。

私はどちらかというと後者の意見なのですが、どっちの意見もわかるので何とも返答に困ります。

考えれば考えるほど憂鬱な気分になっていくので、

本日ご紹介するツボは精神的な症状をケアするツボです!

心の不調に反応するツボをケアし、心身の緊張を解きほぐしましょう。

①肩井(けんせい)

位置:乳頭に手を置いてそのまま肩の上縁まで移動させ、その周辺を指で押してコリを感じるところ

効能:神経疾患、肩こり、頭痛、歯の痛み、四十肩・五十肩などに効果がある

 

②ダン中

位置:左右の乳頭を結んだ線のちょうど真ん中

効能:鎮痛安定作用、緊張や気分の落ち込み、イライラ、胸の痛み、息苦しさ、自律神経の調整

 

③中脘(ちゅうかん)

位置:身体の中心線上でおへそから指幅5本上がったところ

効能:胃の働きをよくし身体に気を巡らせる、腹部のむかつき、腹部膨満感、嘔吐など胃の症状全般に

 

④気海(きかい)

位置:身体の中心線上でおへそから指幅2本分下がったところ

効能:全身の血行を促し、身体を温める。「元気の源」ともいえるツボ

 

⑤三陰交(三陰交)

位置:内くるぶしの中心から指幅4本分上がったところ

効能:動悸、息切れ、気付け、下痢、食欲不振、冷え

 

⑥神門(しんもん)

位置:手のひらを上にして手首の小指側手前にある骨の出っ張りと手首の間にある深みの中

効能:血流を良くする、神経の高ぶりを抑える、貧血、動悸が治まらないとき

 

⑦身柱(しんちゅう)

位置:大椎から背骨を3個下がったところ

効能:精神不安、自律神経失調症、うつ症状、パニック障害、子供の疳の虫

 

⑧心兪(しんゆ)

位置:大椎から背骨5個下がり左右外側へ指2本分ずれたところ

効能:胃腸の働きをよくし、食欲不振、体力減退、疲労感、糖尿病

⑧腎兪(じんゆ)

位置:直立したときに肘が脇腹に当たる高さの背骨から左右外側へ指2本分ずれたところ

効能:身体のだるさ(特に下肢)、消化不良、食欲不振

⑨湧泉(ゆうせん)

位置:足の裏でつま先から踵までの約1/3のところにできるくぼみの中

効能:万能のツボと呼ばれ、気力・体力を高める効果がある。歩きすぎた際には筋肉疲労の回復にも

LINEでもお問い合わせいただけます↓↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事