こんにちは! まごころ鍼灸整骨院 小机院です!

前回は腰痛の事で色々お話をさせて頂きましたので、今回は頸部の痛みについて説明していこうと思います!

頸部の痛みも色々とありますが今回は頸部の痛みでポピュラーな寝違えをテーマにやっていきます。

ちなみに寝違えの正式名称は「急性疼痛性頚部拘縮と言い、症状はご存知の通り、寝起きに首や肩・背中などに痛みがある状態のことをいいます。

寝違えの主な原因として睡眠中、長時間にわたって負担がかかる姿勢を取ることで、首や肩の筋肉が硬くなり、筋肉の中を通っている神経・血管を圧迫し、痛みが発症するほかに、枕の高さがあっていないことで首の骨に負担がかかったり、靭帯・関節包(関節をスムーズに動かすための潤滑油が入っている袋)に炎症が生じることなどが原因と考えられています。

さらに日常生活の普段の姿勢が悪いと寝違えを起こしやすい原因にもなりますので正しい姿勢を身に付けるのも大切になってきます!

では今回はここまでにして次回は寝違えになる予防について説明していこうと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事