皆さんこんにちは!ゆりのき台院です(^^)/

新型コロナウイルス、収束する気配がありませんね……。

ワクチンができるまではこの厳しい状況が続きそうでどんどん憂鬱になってきました。

気持ちがふさぎ込むと免疫力が下がってコロナどころか普通の風邪も引きやすくなってしまいます。

「病は気から」と言いますしね!

本日紹介するツボは風邪(風邪症候群)に効果の期待できるツボです。

皆さんがよく聞く風邪に東洋医学的にアプローチしていきます!

①天突(てんとつ)

位置:左右の鎖骨の真ん中にあるくぼみの真ん中

効能:のどの痛みや不快症状全般に。のどの痛み、声がれの特効ツボ。

②肩井(けんせい)

位置:乳頭にて手を置いてそのまま肩の上縁まで移動させ、その周囲を指で押してコリを感じるところ

効能:肩こりを伴う風邪に。頭痛、四十肩・五十肩、歯の痛みにも。

 

③中府(ちゅうふ)

位置:鎖骨から指2本分下がったところに硬い筋肉があり、指で押すと胸にしみわたる圧痛があります。

効能:せきが出る時、息苦しさを感じる時。ぜんそく、息切れ、たん、喉の痛み、COPD

④孔最(こうさい)

位置:手に平を上にして肘を曲げた時にできる曲がりジワと手首を線で結び、その線上で肘から約1/3の点

効能:せき込むとき、喉が痛むとき

⑤大椎(だいつい)

位置:首の付け根の後ろを手で触りながら頭を前に倒したときに大きく飛び出る骨の真下

効能:体表の機能を高め、免疫力アップ。発熱、喉の痛み、鼻水等

⑥風池(ふうち)

位置:後頭部の髪の生え際で首の中央から外側へ約4センチずれたところ

効能:頭痛の緩和、血行促進、眼脂疲労、背中の痛み

⑦肺兪(はいゆ)

位置:大椎から背骨3個分下がりそこから左右外側へ指2本分ずれたところ

効能:風邪をひいたとき、酷い咳が出る時、ぜんそく

⑧合谷(ごうこく)

位置:手の甲を上にして親指と人差し指の付け根の間を押して圧痛がある場所

効能:風邪、風邪のひき始めの寒気、頭痛、歯の痛み、生理痛、皮膚のかゆみなど万能のツボとされる

↓LINEでもお問い合わせいただけます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事