皆さんこんにちは!

まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院は今日も元気に営業中です(*^^*)

 

今日は食欲不振についてです。

食欲不振とは「お腹がすかない」「食事が食べられない・食べる気がしない」というものです。

食欲不振が長期間にわたり栄養状態が悪くなると、不足している各栄養素に応じた症状が出ることがあります。例えば、ビタミンDが不足すると骨がもろくなりやすくなり、骨粗鬆症から骨折に至ることがあります。

また、亜鉛や銅などのミネラルが不足することで、食欲不振がさらに進行する可能性があります。

食欲不振の原因は大きく分けて病気によるものと、それ以外のものに分けられます。

今回は病気以外の原因とそれに有効なツボをご紹介します!

【原因】

  • 加齢:運動量や筋肉量、内臓機能の低下などにより食欲不振となります。
  • ストレス:精神的もしくは肉体的なストレスがかかると自律神経のバランスが崩れて食欲が無くなる事があります。
  • 不規則な生活習慣:運動不足や睡眠不足など不規則な生活を続けることでも自律神経のバランスは乱れます。また、運動量が足りない場合、食事からエネルギーを補給する必要がなくなりますので食欲が落ちます。
  • 飲酒:アルコールを摂りすぎると肝臓に負担がかかり、解毒作用が低下します。これによって身体のだるさなどとともに、食欲の低下が起こります。

 

自律神経の乱れや内臓、特に消化器系の働きを活発にして食欲を高めましょう(≧▽≦)

【有効なツボ】

 中脘(ちゅうかん)

位置:体の中心線上で、おへそから指幅5本あがったところ

効能:胃の調子を活性化・胃の痛み・胃炎・胃酸過多・胃ケイレン・胃下垂・胃アトニー・

食べすぎなどによる消化不良など胃の不快症状全般

 

 

➁足三里(あしさんり)

位置:膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4(人差し指~小指)下がったところ

効能:胃腸の不調を整える(胃炎、胃痙攣、胃弱、吐き気、下痢、便秘、食欲不振)・二日酔い・体のだるさ・喘息・咳嗽・急性乳腺炎・脚、ひざ、腰の不調・更年期障害・精神不安

 

③気海(きかい)③気海(きかい)

位置:身体の中心線上で、おへそから指幅2本下がったところ

効能:腰痛・生理痛・貧血・虚弱改善・便秘・イライラ・不眠・肥満

 

脾兪(ひゆ)

位置:大椎から背骨を11コ下がり、そこから左右外側に指幅2本ずれたところ

効能:胃腸の調子を良くする。胃痛や胃のもたれなど消化器症状に効果的

 

⑦胃兪(いゆ)

位置:大椎から背骨を12コ下がり、左右外側へ指幅2本ずれたところ

効能:胃痛・胃炎・胃潰瘍・胃下垂・消化不良・食欲不振・胃痙攣・胃アトニー・心窩部痛・腹脹・口渇

 

ツボを押すのも十分効果はありますが、お灸を使うと更に効果的です

院内はベッドの消毒、換気などの感染対策をしっかり行っておりますので、辛くてどうしようもないというときは安心してご来院ください!

↓LINEでもお問い合わせいただけます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事