こんにちは! まごころ鍼灸整骨院 小机院です!

最近ダイエット汗始めたという患者様が増えてきたので、そこで、ダイエットなどに興味ある方には知って頂きたい豆知識を紹介しようと思います。

骨格筋には大きく分けて速筋と遅筋に分ける事が出来ます。
速筋とは瞬発的な運動を必要とする筋肉です。
遅筋とは持久的な運動を必要とする筋肉です。

基本的に人間には、速筋線維と遅筋線維は半々の割合なのですが、
短距離選手には速筋線維が多く、長距離選手には遅筋線維が多くなる事があるようです。
魚で言うと、速筋線維が多いのはヒラメなどの白身魚。
遅筋線維が多いのはマグロなどの赤身魚。

何となく違いが解りますか?
そして、一番の違いは、お互いのエネルギー源です!
速筋線維のエネルギー源は主に糖質です。
しかし、筋肉には糖質が少ししかありません。なので速筋は短時間で消耗してしまい、長い時間力を発揮することはできません。一方、遅筋線維のエネルギー源は脂質です。脂肪を燃やすには、遅筋線維を動かさないといけないんです!

ですから持久的な有酸素運動などがダイエットには必要なんです。ダイエット目的で脂肪を燃やしたい場合は、速筋線維が活躍する高い負荷の運動ではなく遅筋線維が活躍する中程度の負荷で長く行う運動をしてみてください!
ダイエットには持久的な運動が必要って言われる理由、理解して頂けましたでしょうか?
基本的な事ですがとっても大事な事ですね。

では今回はこれぐらいにさせていただきます。

もし気になる事がありましたらお気軽に当院にご連絡ください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事