こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院西橋本院です!

昨日は寒さによって起きる緊張性頭痛をお話したので、今日は偏頭痛についてです!

なぜ、偏頭痛が起きるかというと、

寒さで体が冷えて、血管がギュッと狭くなります
     ↓
血管が狭くなると、血流が悪くなる
     ↓
血流を良くしようと血管を広げようとする
     ↓
血管が広がることで、周りの神経が刺激される
     ↓
神経が刺激されることで、痛みを感じる物質が分泌される
     ↓
   頭痛になる

この一連の流れで血管が広がる事で、神経が刺激されてなる頭痛を偏頭痛といい、こめかみから目の奥が痛むような頭痛です。

血管が広がる理由が冷え以外にも脱水症状でも血管が広がり頭痛が出る場合があります!

症状

・こめかみや目の奥が痛くなる

・吐き気を起こすことがある

・脈打つように痛む(拍動)

・体、頭を動かすだけで痛みが増幅するように感じる

・光、音、匂いに敏感になる

このような症状に当てはまる方は偏頭痛の可能性があります!

対処法

・広がった血管を抑えるため、痛い箇所を冷やします。

・動くと痛みが強くなるので、なるべく安静にする

・喉が渇いているなど、脱水を感じたら水分補給する

 

予防としては、寒さからくる事もあるので暖かい格好しましょう。
他の季節と比べると、冬は水分補給が減りがちです。
ですので、冬も水分をしっかり補給して、脱水症状にならないようにしましょう!

 

 

 

Twitterはじめました‼
こちら限定で何かお得な情報を発信するかも⁉フォローよろしくお願いします‼

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事