こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院西橋本院です(≧▽≦)

明け方は雨でしたが、今は心地の良い快晴ですね。

今日は20℃くらいまで気温が上がるみたいでポカポカ陽気でお散歩日和です。

とはいえ朝晩の冷え込みは日に日に厳しくなっていますね。

今日はお灸についてお伝えします。

お灸は約3000年前に中国で発明されたと言われています。

その後日本に伝わり江戸時代には民間療法として広く使用されました。

お灸の原料になっている「もぐさ」とはヨモギの葉の裏の白い繊維を精製したものです。

ヨモギはヨーロッパでは「ハーブの女王」と呼ばれるくらい様々な効果のある薬草です。

豊富なミネラル、浄血、造血、止血にも効果があると言われています。

お灸とはどんな効果があるのでしょう??

・血流の改善効果

体に温熱刺激を加えることで、皮下にある血管、筋肉、リンパ節を刺激してくれます。

そうすることで、細胞が活性化され免疫力がアップされたり、リンパの流れが改善されむくみの解消

に繋がります。

また、温熱効果により、血管が収縮、拡張し炎症を抑える効果もあります。

 

・鎮痛、リラックス効果

もぐさに含まれるチオネールという成分は強力な消毒、殺菌、鎮静、鎮痛効果を持っています。

お灸をすることで皮膚の表面から内側ににこの成分が浸透することで、痛みを和らげるなど効果が

期待できます。

この成分は燃やした時に出る煙にも含まれます。もぐさのにおいにはリラックス効果もありますので

煙もお灸の効果を高めるのに大切になってきます。

このようにお灸には様々な効果があります。そして体に優しい刺激ですので安心です。

当院では台座のついているお灸を使用していますのでヤケドの心配もございません。

不眠、むくみ、頭痛、生理痛、冷えに対するお灸のコースもございますので、お悩みの方は

ご気軽にご相談ください(^o^)丿

体に優しいお灸で令和になって初めての冬を元気に乗り越えましょう!

ソース画像を表示

 

 

まごころ鍼灸整骨院がtwitterを始めました!
みなさんにお得な情報などもツイートするかも・・・!!

もしよろしければフォローお願いします(^^)
QRコード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事