こんにちは、まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です!

 

8月になり、猛暑が続いていますね

みなさん、しっかりと水分量に気をつけていますか?

ご存知のだと思いますが、水分だけではなく体内のたくさんの塩分も体外に汗として失われています。

ふと頭によぎるのが『熱中症』ですね!!

今回は熱中症についてお話ししていきます。

熱中症とは

体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇

やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のこと。

以下3つを紹介します。

①「熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こります。

特徴

  • めまい
  • 一時的な失神
  • 顔面蒼白
  • 脈は速くて弱くなる
②「熱痙攣

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴った痙攣が起こります。

  • 筋肉痛
  • 筋硬直
  • 手足が攣る
  • 筋肉が痙攣する
③「熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

特徴

  • 全身倦怠感
  • 悪心・嘔吐
  • 頭痛
  • 集中力や判断力の低下

対処法

エアコン(25℃程度)が効いた室内で過ごす

※エアコンの活用は熱中症予防に効果的ですが、冷やしすぎはよくありません。涼しい室内から暑い外などに出たときに、急激な気温差に適応できず、めまいや頭痛などが引き起こされることがありますので注意しましょう!

水分量は通常時で1,5ℓ〜2ℓくらいが目安量です

夏はより多く水分量が失われるのでそれ以上を喉が渇く前にしっかりこまめに摂取する

暑い時は無理をせずに休みましょう

涼しい服装し外出時には日傘、帽子を着用する

十分な睡眠や休養、栄養をとり、体力の回復をする

当院の取り組み

当院では、ウォーターサーバーを設置しています。

マッサージや鍼灸治療後も血流が良くなり水分を必要としていますので

夏の時期は積極的に水分摂取をしていきましょう。

もし、具合や調子が優れない時は伝えて頂きその日にあった治療をしていきます。

無理をせずに気軽にご相談ください!!

 

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、Twitter、Instagramもやってます!

最新情報などツイートや投稿をしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード         

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください!

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F

℡:042-689-4649

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事