こんにちは!まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です!

今日はばね指についてお話します。

ばね指とは

指を曲げたり伸ばしたりするときに指が引っ掛かる状態です。最初のうちは手のひら側に痛みが出ますが

症状が進んでいくと指を伸ばそうとすると引っかかって急に伸びるばね現象が起こります。

これは腱鞘(腱の通るトンネル)が膨らみ腱の通り道が狭くなったり、腱が太くなりトンネルが狭くなって

通りにくくなることで起こります。

指の付け根で屈筋腱(曲げる)と腱鞘の間で炎症が起こると、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズで

なくなり、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が現れます。特に朝に症状が強く、日中は指を使っていると

症状が軽くなることもあります。

 

ばね指になりやすい人

女性に多く、特に妊娠出産、閉経後、更年期などホルモンバランスが大きく変化するときに起こりやすく

パソコンやスマートフォンを長時間使用したり、手や指を使う機会の多い作業やスポーツをする人に起こり

やすいと言われています。

治療法としては指をなるべく使わないように生活することですが

超音波治療、ハイボルテージも有効とされています。

 

もしこんな症状でお悩みの方、いらっしゃいましたらお気軽にご相談ください!

 

↓LINEでもお問い合わせいただけます!

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事