こんにちは!まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です!

今回は腰痛の際に使用するコルセットのお話をさせていただきます。

そもそも何故腰が痛いときにコルセットを着用すると楽になるかというと、

➀体幹を動かすと痛みが出るので脊椎の運動を制限する。

➁腹部を締めることで腹圧を上昇させ、体幹を固定する→痛みのある部位への負担を軽減する。

以上のような効果があります。

簡単に言ってしまえば、痛くて働けない筋肉の代わりに腰に巻き付けたベルトで身体を支えている状態ですね!

こういった説明をすると「じゃあずっとコルセットを着けておけば腰痛の予防にもなるのでは?」

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。

人間の身体は使わない部位の筋肉をどんどん削っていこうとします。省エネです!

例えば毎日運動をして身体を鍛えていた人でも運動をパタリとやめてしまうと筋肉はあっという間に細くなりますし、転んで大腿骨を骨折してしまったお年寄りはベッドで骨がくっつくのを待っている間に足腰の筋肉が落ちてそのまま寝たきりになってしまいます。

年がら年中コルセットを着けていると、身体は、

「筋肉の他に身体を支えてくれているモノがある。」

「後はそいつに任せて腰の筋肉は削ろう!」

となってしまい、筋肉量の減少→身体を支えることができない、となってしまいます。

つまりコルセットの適切な使用方法は

腰が痛いときに装着し、痛みが引いたら腰まわりの筋肉を意識して鍛え痛みを予防する

のがいいですね!

もちろん痛みが強いときには遠慮なく使ってください!!

 

しつこい腰痛でお悩みの方はもしかすると骨盤や背骨に原因があるかもしれません。

当院ではそういった方のために姿勢分析を行い、根本的な痛みの治療を行うことができます!

気になる方は是非一度当院にご相談ください!!

 

LINE始めました!こちらからも問い合わせできます。

ご登録よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事