こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です(^^)/

最近、腕を曲げたり伸ばしたりすると肘の外側が痛くなるということはありませんか?

もしかしたら、テニス肘になっているかもしれません。

実はテニスをしていなくてもテニス肘になるのです!

今日はテニス肘についてお話していきますね。

原因

正式名称は「上腕骨外側上顆炎」と言います。

テニスやゴルフといったスポーツをしている方なら聞いたことがあるかと思います。

バックハンドでラケットを振ると、ボールが当たった瞬間に腕の筋肉に大きな力がかかります。加えて、打った後に、その勢いでフォロースルー(打ったあとの動き)において手首を反らす(手首を背曲させる)形になることがあります。
このように何度も筋肉に負担が掛かり、前腕部の筋肉、そして筋肉の付け根である腱は肘にありますので肘の外側が痛くなるということです。
しかし、最初にお話ししました通り、テニスやゴルフをしていなくても痛くなることがあります。
近年増えてきているパソコン作業によるデスクワークが原因とされています。
実は、パソコンのキーボードやマウスの操作でも、長時間、手首を反らす形でキーボードやマウスを使うために、テニスのバックハンドでかかるような負担が、腕の筋肉や腱にかかり続けるのです。

症状

何もしていない時はあまり痛みはありませんが、

・物を掴んで持ち上げる

・タオルを絞る

・ドアノブを回す

・キーボードを打つ

・スポーツ動作で手首を返す動きをする

などの動作をしたときに痛くなるのが特徴です。

症状が進行すると安静にしていても肘にジンジンとした痛みが続くようになります。

主に手首を伸ばす働きをする“短橈側手根伸筋”という、

前腕の外側の筋肉に負荷がかかることが原因と考えられています。

治療法

当院ではハイボルテージ治療と超音波治療を行っていきます。

まず、ハイボルテージ治療ですが一言でいうと電気治療です。

高電圧電流を流すことで深部組織を刺激し短時間で痛みを軽減させるものです。

超音波治療は電気治療とは違い、

“音波”を使うことで温熱効果とミクロマッサージ効果を深部に届けることができます。

その効果により、血流の改善を行い痛みを和らげたり、

炎症を抑え腫れを軽減させることができます。

 

どちらの治療も肘だけでなく、捻挫やぎっくり腰や寝違い、その他肩・腰・膝・足首などの

スポーツ障害にもこの治療がオススメです!

当院では鍼灸治療も行なっていますので、お気軽にご相談ください。

当院は予約優先制の為、お問い合わせは受付、お電話にてお願いします

番号はこちらになります。  042-673-4649

また、LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪


友だち追加 

初めての方、お久しぶりの方は

お名前

症状

希望日(時間帯)

上記の3点を書いて送って下さい。

営業時間は(10:00~13:30、15:00~20:00)となります。

※建物自体が20:00に締まりますので、それに伴い当院も19:50までに全ての治療が終わるようにご案内致しますのでご了承ください。

*初めての方は施術内容にもよりますが、90分ほどお時間を見て頂ければと思います。

(初めての方の受付は午前は12:00、午後は18:30までとなります。)

現在通院されている方で、LINEで初めて連絡する方もお名前を書いて頂けると助かります

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

また、当日予約はLINEですと直ぐに返信ができない場合がございますので、お電話にてご連絡ください。

〒193-0944 東京都 八王子市館町2300-1 フードワンゆりのき台店

℡:042-673-4649

まごころ鍼灸整骨院 ゆりのき台院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事