こんにちは!三ツ沢下町院です。

前回の記事で冬バテの要因についてご紹介しましたが、冬バテに負けず寒い冬を乗り切るには、自律神経やホルモンのバランスを整えることが大切です。

今回は日常生活に取り入れたい【生活習慣】をご紹介します。

 

朝日を浴びて一日をスタート!


太陽光を浴びることで体内でビタミンDを生成し、骨が丈夫になり、免疫力が高まるなど良い効果がたくさんあります。

とくに朝日を浴びることで、メラトニンの分泌が抑制され体内時計のリズムが保たれます。

また、セロトニンの分泌によって幸福感や安心感・腸内環境の改善が促されます。

朝起きたらすぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びるようにしましょう。

体を温める

39~40℃のお風呂に10~15分ほど、ゆっくりとつかるようにしましょう。

一番湯ざめしにくい湯船の適温は40℃とも言われています。

熱いお湯は交感神経を優位にしてしまうので、ぬるめのお湯で体をじんわり温め、リラックスモードの副交換神経の働きを高めて心身を休めてあげてください。

急激な気温差に気をつける

近年、寒暖差への耐性が弱い人が増える傾向にあるようです。

暖かい室内から屋外に出る時には、近場でもマフラーや手袋・腹巻などをしてしっかり防寒対策をしましょう。
とくにお腹と首元を温めると、全身に温かい血液が循環します。

呼吸と姿勢を意識する


寒さやストレスでリラックスできていない時は、自然に呼吸は浅くなり、猫背姿勢になりがちです。

意識的に胸を広げて、ゆっくりと深い呼吸する事を心がけましょう。

室内でゆったりした運動を

ストレッチやヨガなど、部屋の中でゆっくりとしたペースでできる運動をする事も、副交感神経が優位になってくるのでおすすめです。

特別な運動ができない時は、「歩幅を広げ早足で歩く」「エスカレーターを利用せず階段を使う」「電車では座らない」など、日常生活の中に軽い運動効果のあるものを取り入れるだけでもOKです。

規則正しくバランスのよい食事を

1日3食、バランスのよい食事がまず基本です。

冬バテの状態が続くと体内の活性酸素が増えるので、抗酸化成分を含む食材を積極的に摂るように工夫しましょう。

※【抗酸化成分を豊富に含む食材】
ゴマ、きのこ類、緑黄色野菜、海藻類 など…

身体を温める食材を意識して摂る事も大切です。

※【身体を温める温性の食材】
人参、玉ねぎ、ごぼう、生姜、ニラ、ねぎ、にんにく、鶏肉、鯖、鰯、唐辛子、黒砂糖 など…

 

 

この機会に生活習慣や食生活を見直し、寒い冬も元気に過ごしていきましょう!

現在、センター南院が上階からの漏水のため電気系統がすべて使用できず臨時休業中です。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 何かありましたら、小机院、三ッ沢下町院へご連絡ください。初診料かからずご利用いただけます。 励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。