みなさん、こんにちは!

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(*‘∀‘)

 

 

 

本日は、患者様からご質問がありました

ハイボルテージ治療超音波治療の違いについてお話していきます!

 

 

 

ハイボルテージ治療とは?

ハイボルテージ療法は、高電圧電流を駆使した電流刺激で皮膚に抵抗を加えることなく深い箇所の組織まで伝達させます。
直接患部の炎症が抑えられたり痛みを和らげることの他に、治癒力をアップさせる効果もあります。

今までの電気治療法と比較して、身体の奥深い患部へのダイレクトな接近が可能なので、かなり高い鎮痛効果と即効性が期待できます
特に筋肉の炎症、怪我による重度の腫れの初期症状の痛みにハイボルテージ療法で施術することによって、更に短い期間で痛みと炎症を和らげることが可能です。

ギックリ腰や寝違い、捻挫などの急性の症状にかなり効果が高いです!
こうしたことから、痛みがある患部への治療と痛みの元への治療がまとめて実施できるようになって、痛みを早い段階で取り去り、痛みを拡大させない治療が可能です。

 

 

 

超音波治療とは?

大きく2つに分けることができます。1つ目が温熱効果、2つ目が非温熱効果です。

超音波を患部にあてると音の振動により温まってきます。
お風呂などで温まるよりもより深部まで振動が伝わり温まるので、普段温める事の出来ない場所の治療に効果が高いです。
1つ目の温熱の治療効果としては、組織温度の上昇血管拡張・血流促進筋肉や靭帯の伸展性増大などいくつもあります!

2つ目の非温熱の治療効果としては、炎症の治癒・細胞の活性化を促進痛みの緩和浮腫の軽減効果などこちらもいくつもあります!

超音波治療器は振動だけでもこのような効果があります。
もちろん、温めないように振動だけを患部にあてる事も出来るので、
急性期慢性期などの治療で使い分けることが出来ます。

また、金属が挿入されている部位にも適応で、深部に照射できる治療法です。

 

 

 

 

ハイボルテージ・超音波治療を受けるにあたって…

・心疾患のある方(ペースメーカーを入れている方など)

・妊婦の方

上記に該当する方は2つの治療を受けることが出来ません。

 

また、上記以外にも治療の禁忌があり、それに当てはまる方はハイボルテージ・超音波治療以外の施術を選択して治療を行っていきます。

 

 

この2つの治療だけでなく、当院では別の治療も行っております。

何かお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事