こんにちは!まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です(^^)/

 

デスクワーク、ストレス、癖などで知らず知らずに

歯を食いしばってしまうことってありませんか?

歯の食いしばりが原因で、肩こり、頭痛、歯茎の腫れなどの症状が現れることがあります。

 

そこで今回は、この食いしばりの予防として、舌の正しい位置についてお話しいたします。

まず、ご自宅の鏡でご自身の舌をベーっと出して見てください。

舌の際に波のように歯の跡がついていたら、それは「歯根舌」と言われる状態です。

これは舌が正しい位置におけていない証拠です。(むくみが原因で、形状になる方もいます)

 

では!舌の正しい位置とは??

これは歯医者さんに教えていただいたのですが、

上あごの前歯の後ろに歯で触ると洗濯板のように波を打っている

ところがありますよね?そこにそっと舌を触れさせてください。

その際舌は尖らせず平べったくおきます。

そして上の前歯にも触らないように。

上と下の歯の間を少し開け、唇を閉じてください。

これが、正しい舌の位置です。

難しいですよね~、私も意識しないとできません。

 

私は噛みしめが原因で歯茎が腫れてしまうことがあるのですが、

この舌の位置を意識するだけで、2~3日で歯茎の腫れは落ち着いてきます。

もちろん歯医者さんには通いますが(*_*)。

 

食いしばり癖が気になる方はぜひ、実践してみてください!

 

 

 

当院ではコロナウィルス感染防止のため、

手指消毒、ベッド消毒、院内の清掃と消毒をおこなっておりますのでお身体がお辛い方はお気軽にご連絡ください(*^-^*)

詳しくはまごころ鍼灸整骨院公式サイトをご覧ください!!

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事