こんにちは。

まごころ鍼灸整骨院、京王堀之内院です😊

八王子市は快晴でとても良いお天気です!

昨々夜のカミナリが嘘のようです。大きい雷鳴にびびっていました( ̄д ̄;)

 

今日は当院の矯正メニューである、猫背矯正の際にも行う、腹式呼吸について書いていきたいと思います。

 

“腹式呼吸”の事、ご存知でしょうか?

腹式呼吸とは、文字通りお腹を使う呼吸です。息を吸い込むとお腹が膨らむのが特徴の呼吸です。わたし達が日常的に行っている呼吸は、”胸式呼吸”というものになります。

胸式呼吸は、早く浅く、息を吸い込むと胸が膨らむのが特徴です。

 

一方、眠っている時など、リラックスしている時には腹式呼吸になります。

腹式呼吸には、からだにも様々な良い変化をもたらすと言われています。

 

①副交感神経を優位にして、リラックス効果を生みます。

ストレスが溜まっていると、人は交感神経を刺激されます。交感神経が高ぶると、からだは緊張状態になり、呼吸が浅くなります。そうすると、酸素がからだに充分に行き渡りにくくなり、からだの疲れが抜けにくくなって、疲労の溜まりやすいからだになってしまうのです。

寝て起きた時に、あれ?からだの疲れが抜けてないなぁー、と思った貴方はもしかすると、呼吸が浅くなっているかもしれません。

腹式呼吸には、自律神経を調節する効果があり、副交感神経を優位にしてくれます。副交感神経が優位になると、気持ちが落ち着きリラックス出来たり、回復力も向上します。

 

②筋肉を弛緩します。

当院の猫背矯正メニューでも腹式呼吸を取り入れておりますが、緊張して硬くなってしまった筋肉をゆるめる為に矯正中は腹式呼吸をしていただいております。

 

 

③便通を促す効果もあります。

腹式呼吸をすると、横隔膜が上下して腹圧に変化します。その刺激により、腸の働きが促されて便通を改善する効果が期待できます。

 

腹式呼吸のやり方

①まず、仰向けに寝てみましょう。

腰が辛い方はお膝を曲げた状態でも大丈夫です。

②鼻からゆっくりと息を吸い込んでいきます。この時お腹を膨らませていき、吸い込んだ息をお腹に溜めるイメージで息を吸ってください。

③息を吐く時は口からゆっくりと吐いていきましょう。お腹に溜めた息を吐いていく感じでゆっくりと。

 

慣れてきたら、座った状態や、立った状態でも行えます。ぜひ試してみてください!

 

 
呼吸が浅くなったり、肩こりや怠さなどの原因を作ってしまう、猫背のチェックはこちらの記事も参考にしてみてください( ´ ▽ ` )

 

 

 
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院でTwitterやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください(‘ω’)

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事