こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 小机院 松井です(*^-^*)

2月も後半になり、ぼちぼち花粉症が辛くなってくる方も多いはず…

今日は、そんな花粉症の簡単な対策法などのお話です!

花粉症とは?

花粉症は、身体がスギやヒノキの花粉に対して起こすアレルギー反応です。

免疫機能が過剰に反応して、結果あの辛い鼻水などの症状が引き起こされます。鼻づまりでボーっとしている人のイラスト(花粉症)

命に関わるようなモノではありませんが、数か月間継続的に症状が続くため身体の負担となるのはもちろんの事、

集中力や注意力も低下してしまうため、確実に生活の質を低下させてしまいます!!

 

風邪などと見分けるには

くしゃみや鼻水、鼻詰まりは風邪でも似た症状見られます。見分けるポイントを押さえておきましょう!!

花粉症                   風邪

・目の痒さ、充血などがある         ・咳や痰、のどの痛みがある

・発熱はほぼ無い              ・熱が出る事が多い

・花粉が飛ぶ季節は継続的に         ・1週間程度で良くなる

 

早めの対策を実践

花粉症による鼻炎は、一度症状が出てしまうと鼻の粘膜がどんどん敏感になり、症状が強くなってしまいます。

そのため、発症するよりも前から対策を取ることが重要になってきます。

・マスクや眼鏡でシャットアウト

これは、体内に花粉が入るのを物理的に防ぐ対策となります。花粉と戦う人のイラスト

顔にフィットするマスクを着用すれば、花粉を吸い込む量を6分の1まで減らすことが可能です。

また、目のかゆみが強い場合は花粉症用の眼鏡を使うこともオススメです!!

 

・洗濯物に注意

花粉が飛散する季節は洗濯物や布団を屋外に干さず、室内への花粉の侵入を防ぐことも大切です。

 

早め早めの備えをして、生活の質を落とさずに乗り切りましょう!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事