2月になり、最も寒さを感じる月になりました! まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です!

寒さ対策や乾燥対策はしていますか?

 

今回は、寒さ・乾燥による身体のかゆみについてピックアップ!!

暖房器具と一緒に加湿も重要になってきます。

湿度が低いと、知らず知らずのうちに乾燥が進み身体のトラブルになってきます。

 

身体のかゆみの原因とは??

①冬の気温・湿度低下による身体のバリア機能低下

気温が低くなると血行が悪くなりやすく、空気の乾燥により皮脂膜の減少を招き、お肌の中の水分量の低下、皮膚表面に微細なひび割れができてバリア機能が低下します。

バリア機能が低下した肌は、外部からの刺激を受け続けることになり。かゆみを感じる神経が過敏になり、ちょっとした刺激でもかゆくなります。

また、暖房器具を使うことが必要以上増えてきています。

エアコンは空気を暖めるだけなので、ますます湿度が低下してしまいます。

加湿を怠るとさらに、乾燥肌トラブルにつながります。

 

②熱いお風呂や長時間の入浴は、皮脂や角層の保湿成分が奪われます。

ボディソープを付けてゴシゴシこすると、肌表面の皮脂膜(バリア)を剥がし、角層を痛めてしまいます。

乾燥によりかゆいからといって、余計にゴシゴシこすり過ぎたりすると、さらに肌状態が悪化してしまうので、優しく洗うようにしましょう。

 

乾燥対策!!

水分摂取が重要です!
冬も夏場と同様にこまめな水分摂取が必要です。体内の水分量を維持することで脱水と気道粘膜の乾燥を防げます。また、乾燥肌対策としても有効です。朝・昼・晩の食事に加えて、食間、入浴前後、就寝前、起床時等コップ一杯程度の水分を摂るようにしましょう。

この際、アルコールやカフェインの入った飲料は利尿作用が強いため、水分補給としては適しません。この時期は温かい飲み物が良いですね。

室内の加湿

湿度40~70%の理想です。加湿器も超音波式よりもハイブリッド式、加熱蒸発式などがカビ増殖や感染症予防効果的な加湿と言われています。

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、TwitterInstagramもやってます!

最新情報などツイートや投稿をしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード         

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方、お久しぶりの方は

①お名前

②症状

③希望日(時間帯)を書いて送って下さい。

営業時間は(10:00~13:30、15:00~20:00)となります。

現在通院されている方で、LINEで初めて連絡する方もお名前を書いて頂けると助かります。

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F

℡:042-689-4649

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事