みなさんこんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院は今日も元気に営業中です!

 

夏の暑さも徐々に和らぎ、朝晩は冷え込むほどになってきましたね。
皆さま、衣替えはもうお済になりましたか?
ちなみに私はまだです(笑)

 

 

さて、今日は鍼灸治療についてお話をさせていただきたいと思います。
皆さま、鍼やお灸に対してどういうイメージをお持ちでしょうか?
痛い怖そう火傷しそう本当に効くの?など、
不安に思う点も多々あるかと思います(>_<)
では、その不安を解消するために当院の鍼灸治療の特徴について説明いたしますね(^^)/

 

鍼治療
注射針みたいな感じで痛いの?
 ⇒いいえ!
  当院で使用する鍼は髪の毛ほど細い鍼ですので、肌を突き破るような痛みはございません。

感染症が心配なんだけど…
 ⇒いいえ!
  当院で使用する鍼は一本一本梱包された使い捨ての鍼ですので、
  感染の恐れは一切ございません。

マッサージと何が違うの?
 ⇒実は筋肉は地層のように幾重にも重なって構成されています。
  マッサージや電気治療だけですと、表層上の筋肉しかほぐすことができません。
  その点鍼治療は、深層の筋肉の硬結をほぐすのに特化しています。
  数か月にわたって痛みが続いている方、痛みが慢性化している方は、深層部分の筋肉が
  硬くなっている可能性が高いため、鍼治療をした方がはやく痛みから解放されます。

 

灸治療
・火傷しそうで怖いんだけど
 ⇒ご安心ください!
  当院で使用します灸は台座灸と箱灸といって、お灸の下に空間が開いているものなので、
  お肌に火が直接つくことはありません。なので、火傷の恐れはございません。

鍼治療と何が違うの?
 ⇒鍼は筋肉の質を柔らかくする能力に長けています。
  灸は温めることによって、身体の循環を改善し、冷えやむくみ、頭痛などの自律神経症状の
  緩和に特に優れています。

ホッカイロとは何が違うの?
 ⇒灸の原材料は天然由来のもぐさという植物で、ホッカイロは大まかにいうと化学物質で
  構成されています。一過性の温熱効果だけ見ればとても似ている二つですが、
  灸は植物でできているため、人間の身体によくなじみ(人間も自然の一部ですから)、
  体質を改善する効果があります。
  また適切なツボに灸を据えることによって、全身の循環がスムーズになります。

 

長年の肩こり、デスクワーク中の腰の痛み、立ち仕事による足のむくみ、冷え、不眠、
胃腸の不調、手足の痺れなど鍼灸治療で改善していきませんか

 

 

次回は、鍼灸治療の治療例をご紹介いたしますね!

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
スタッフ一同、ご来院をお待ちしております。
お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

↓↓詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
(URLをコピーして検索してください)
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事