こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 小机院です(*^-^*)

今日は首コリに多く関係する「後頭下筋群」について触れていこうと思います!!

眼精疲労にも関わってくる場所ですよ~!

後頭下筋群って?

後頭下筋群とは、首の後ろと後頭骨を繋ぐ小さな4つの筋肉の総称であり、

・小後頭直筋

・大後頭直筋

・上頭斜筋

・下頭斜筋

の筋肉で構成されています!

この筋群は、首肩の筋肉が何層にも重なっているうちの一番深い部分に存在しています。

 

この部分に疲れが溜まると首の凝りとして感じたり、ひどくなると頭痛が起きたりもします!

 

目との関係

また、この後頭下筋群は眼精疲労にも大きく関わっています!!

首の後ろから指を上に滑らせていった場所にある頭蓋骨の際の部分を触りながら目を動かすと、この筋肉も連動して動くのがわかります。

それほどまでに目との関係が深い場所になっています。

 

眼はカメラに例えられることが多いですが、それに合わせるとこの筋肉たちは「三脚」にあたる部分です。眼精疲労のイラスト(女性)

何かを見るためにこの筋肉を使って首を安定させているのです!!

 

セルフケア

もしこの場所に疲労感やコリを感じたら、マッサージを行ないほぐしていきましょう!!

お風呂に浸かりながら、首の後ろに指をあてそのまま上に滑らしていき、頭蓋骨の際を見つけたらその奥に指を潜り込ませるように

入れてほぐしていきましょう!!少し行うだけでも変化が起きてきますよ!お風呂のイラスト「男性」

 

ただ、あまりグリグリしすぎると痛みが出てしまう場合があるので、やり過ぎには注意が必要です!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事