こんにちは。三沢下町院です。

先日お話しさせていただいた<操体法>では「60点でマにあえばいい」という考えがあります。

この考えは故橋本敬三先生曰く、人が「快適に満足して充分に生きてゆく」には「どこにも不具合のない完璧な心身=100点満点」を追求するのではなく60点でいいということです。

橋本先生は医師でしたから、身体と心の本当の治し方が知りたくて様々な治療法や予防法などを実際に試してみました。

そして最終的に解ったことは「気持ちのいいことをすれば良い」という原始感覚が指標となるシンプルなことでした。

100点満点を目指してしまうと不安感や恐怖感が心の中に生み出され、それを解消しようと頑張り過ぎて、欲張り威張り、しまいには生きて行くための最も大切な原始感覚を鈍くしてしまうことになります。

人はある許容範囲のバランスの中にいれば、なんとなく快適に生きて行けるようになっていて「60点でマにあっていれば充分」という気楽な考え方がポイントです。

 

<操体法>を取り入れた施術で慢性的な肩こり、腰痛、関節痛などを改善しませんか?

お気軽にご来院、ご相談下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事