みなさん、こんにちは!

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(‘◇’)ゞ

 

 

 

ついに明日からラグビーワールドカップがはじまりますね!

 

このラグビーワールドカップは、

2019年9月20日(金)~11月2日(土)まで開催されます。

日本全国12会場12都市で、計20チームが参加しています。

開催される場所は、この辺でいうと…

東京都調布市(味の素スタジアム)
神奈川県横浜市(日産スタジアム)となっています。

遠くはないですし、実際に観戦に行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

では、ラグビーアメフトの違いをみなさんはご存知ですか??

知らない方が多いと思うので、今日はいつもと少し雰囲気を変えて、

ラグビーとアメフトの違いについてお話していきます。

 

 

発祥
ラグビー:イギリス(1871年)
アメフト:アメリカ(1906年)

ラグビーもアメフトもかなり歴史は長いのは驚きました!
アメフトはアメリカの“スーパーボウル”が有名ですよね。

 

試合人数・試合時間
ラグビー:15人(選手交代8人まで)・40分×2(ロスタイムあり)
アメフト:11人(選手交代無制限)・15分×4(ロスタイムなし)

こんなに人数と時間が違うんですね!
ラグビーは前半・後半。
アメフトは第1クォーター(1Q)~第4クォーター(4Q)まで。

 

ボールサイズ・パス
ラグビー:大きい(400g~440g)・前へのパスNG
アメフト:小さい(397g~425g)・前へのパスOK

ラグビーは前にパスしたら反則!
これは聞いたことある方もいらっしゃると思います。
そのため、ラグビーは基本的に下手投げでパスします。

 

得点
ラグビー:5点(トライ)
アメフト:6点(タッチダウン)

ラグビーのトライというのは、ゴールゾーンにボールを接地させないと得点が与えられない。

※それぞれ得点後に、キックなどで追加の得点を獲得できるチャンスがあるようです。

 

防具
ラグビー:着用必須ではない
アメフト:着用必須

アメフトは接触プレー(ボールを持つ人以外との接触プレー)がかなり多いため、防具の着用が義務付けられている。

 

 

調べていくと、他にも細かい違いがたくさんあるようです!

みなさんもご自身で調べてみてはいかがでしょうか?

より一層、試合観戦が楽しくなると思います(^O^)

 

 

 

 

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
(URLをコピーして検索してください)
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事