皆さんこんにちは、ゆりのき台院です。

いよいよ新規感染者の数が減ってきていますね!

すぐに元の生活に戻ることは叶わないかもしれませんが、少し希望が見えてきた感じがします。

とはいえ、第二波は必ず来ると言われていますので、ここは一層気を引き締めないといけないなと思います。

まごころ鍼灸整骨院グループでは予約制を取っており、感染予防のため患者様同士の接触をなるべく避けるよう取り組んでおります。

また、施術終了後は直ちにベッド及び手指の消毒を行っていますので安心してご来院ください。

 

さて、今回紹介するツボは口内炎、口角炎に効くツボです。

口腔粘膜や口唇の炎症のことを指しますが、その要因としては

・疲れ

・ストレス

・偏食

・睡眠不足

・ビタミン不足

・アレルギー

・ウイルス感染

など様々なものが考えられます。

メンタルを整え睡眠に入りやすい身体をつくり、免疫力を回復させることができるツボをいくつか紹介していきます!

①曲池

位置:手のひらを上にして肘を曲げた時にできる横ジワの線上、親指側の先端

効能:肌荒れ、乾燥肌、ニキビ、吹き出物、ひじ痛、腱鞘炎、筋肉痛、頭痛

➁中脘(ちゅうかん)

位置:身体の中心線上でおへそから指幅5本分上がったところ

効能:胃に関する症状全般で効果を発揮する

③天枢(てんすう)

位置:おへそから外側へ指幅3本分ずれたところ

効能:胃腸の機能を整える(吐き気、嘔吐、ゲップ、お腹のゴロゴロ感、便秘、下痢)、身体のだるさ

④労宮(ろうきゅう)

位置:手のひらを上にして軽く手を握った際に中指の先端が手のひらに当たるところ

効能:血流を促すことで筋肉の疲労回復と脳の活性化、自律神経を整え緊張を和らげる。

 

⑤胃兪(いゆ)

位置:大椎から背骨を12個下がりそこから左右に指2本分ずれたところ

効能:胃に気を注ぎ調子を整える効果がある

 

⑥合谷(ごうこく)

位置:手の甲側で親指と人差し指の間を押して圧痛があるところ

効能:万能のツボとされ、痛みを伴う症状によく効く

⑦手三里

位置:肘の内側にできる曲がりジワの親指側の先端から手の先に向かって指幅3本分移動したところ

効能:痛みを和らげる、胃腸の諸症状、皮膚にできるできもの

電話、またはLINEでもお問合せいただけます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事