梅雨天気も明けるようですね!

この時期、なんとなく身体が重い・硬い感じがする・身体が痛い・なんとなく体調が優れないなどの症状ってありませんか?

これらの症状は近年認知され始めた、天気から来ている「気象病」かもしれません。

気候や天気の変化が原因で起こる身体の不調の総称で、頭痛や眩暈、疲労感、関節痛、気持ちの落ち込み、嘔気、喘息etcさまざまな症状が出るのが特徴です。

気候変化の激しい、季節の変わり目・梅雨の時期・台風が多い時期に起こりやすいです

今回は気象病と身体の痛みにクローズアップしていきます。

気圧・気温差・湿度 が大きく身体に関与している

天気の変化が多い梅雨の季節から夏にかけて、人間の身体はバランスを取ろうとして頑張ってくれています。

気候の変化は、耳である内耳がセンサーとして気圧差を感知したりしています。

よく、高層階でエレベーターを乗ったときに耳がキーンってすることがありますよね!!

内耳で感知した気圧を脳に伝えて、自律神経で身体のバランスを取り環境に順応しようと頑張ってくれています。

内耳センサーは人によって感じ方が異なり、気象病を訴える人の多くは、内耳センサーが敏感なため、脳に過剰に情報が伝わり、

その結果、自律神経のバランスが崩れ、この時期は順応が間に合わずに症状として出てきてしまいます。

乱れてくると、倦怠感や疲労感、感情の浮き沈み激しくなったり、関節痛筋肉の痛みなど色々な不定愁訴が出てきます。

当院では

今まである症状に加えて、不定愁訴が上乗せされるのでこの時期は強い痛みと全身の重だるい感じを訴える患者さんが増えてきています。

特に、ギックリ腰や寝違えの方が多く来院されています。

強い痛み出る前に、身体の不調を整えることが最も重要なことになっています。

当院では、自律神経や痛みに効果のある鍼灸治療に加えて、手技療法、矯正も行っています。

筋肉が硬いところや症状がある所にアプローチすることで血流量があがり老廃物や疲労物質を流してくれます

免疫力の低下を防ぐ・自己治癒力を向上させていく・血流を良くするなど、身体のメンテナンスをしていきましょう

 

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、Twitterもやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください!

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事