こんにちは!まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です!

最近朝晩がとても涼しいなぁと思っていたら、一昨日あたりから涼しいを通り越して寒くなってきましたね。

新型コロナウイルスの影響のせいか今年は季節があっという間に過ぎていく感じがします。

 

さて、今回お話しするのは患者さんからよく聞かれる「骨は大丈夫ですかね…?」という質問についてです。

断言してしまうといろいろとややこしいので、あくまで参考程度にお読みください。

この話題が上がるのことが多いように感じるのは主に2パターンあります。

一つ目は運動中にケガをして来院された学生さん。

二つ目は関節の痛みがなかなかが引かない高齢者の方です。

上記二つのパターンに限らず「骨折かな?」に共通してお伝えしているのが、

(痛みのある部位によりますが)日常生活を普通に送れているなら基本的には大丈夫、ということです。

普通に歩いてだったり、車を運転したりして自力で通院できている場合は心配しなくても大丈夫でしょう。

マンガやアニメ等では主人公が骨折しながら戦ったり、

「チッ、アバラが2、3本いっちまった…」みたいなセリフがあったりしますが、

本当に骨折してたら超痛いのでほとんど動けません。

なので、痛みが出ている部位を動かせたり多少つついてもあまり痛くない場合はあまり心配しなくても大丈夫です。

次は逆に骨折が疑われる症状を説明していきます。

頭に入れておきたいのが、骨の持つ役割です。

骨には身体を支える土台という役割の他に【造血作用】という重要な仕事があります。

読んで字のごとく血液成分を造る仕事ですので、あまりイメージがわかないかもしれませんが骨の中にはその成分を運ぶための血管が多く通っているのです。

そのため骨が折れると体内でめちゃくちゃ出血します。

数時間で内出血によって患部がパンパンに腫れ上がり、赤黒く変色します。

こうなると医療的知識のない方でも「これはやばいんじゃないか?」となりますので、すぐに整形外科を受診してください。

もちろん整骨院でも大丈夫ですが、整骨院での処置の後一度整形外科を受診していただくことになります。

逆に言えば、このような症状が出ていない方は骨折の心配はありません。

安心して治療に専念してください。

 

今回ご説明した骨折の症状は、あくまで骨が完全に折れている場合の症状です。

ヒビが入っているだけの場合などはまた状況が異なってくる場合がありますので、どうしても不安な場合は遠慮なくご相談ください!

 

 

 


友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事